--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/07/10 Thu  19:26
KAT-TUN初日やらなんやら

ツアー始まりましたね♪

WSでも取り上げてくれましたねー

髪型が蘭丸くん寄りでまあまあかな

あの人時々度肝を抜かれる髪型になるんでね

黒髪短髪らぶだから生じゅんのに逢える日が楽しみです

ジョリは好きではないけれど…あの髪型の時でも生じゅんの見た瞬間

「キャーかっこいい」て叫んでいたからまだ大丈夫です

なんか7月に入って公私ともにバタバタしてますわ

公てKAT-TUN事かえと自分に問う

ヲタもだちが情報くれるんで紙媒体以外はついていけている気がする…

で。公私の私の方ですが

こっちは大変でした

私事なんで興味ない方またねー

今月頭に長期レスパから帰宅したじいちゃん

初日から呼吸器のアラーム攻撃にあい続けましてね

昼夜構わずピーピーと鳴り続けてましてね

まあ、じいちゃんがどうのこうの、て感じではなかったんですが←spo2てのが100あるんで←これ健康て事←あたしで98なんで

しょっちゅうアラームを消しに行かなきゃならないし
鼻からの分泌物が凄くて、これまたしょっちゅう取らなきゃならないし

で、そんなこんなでいてもいつも通りに過ごしていたんですが

土曜日の昼過ぎに危機アラームが鳴り響いて←でも例のやつは100

ダンナと何とか対処したんですが

夕方訪看さんが来てから急にめちゃくちゃ恐怖感が襲ってきて

もうガマンできなくなって号泣しながら初めて

「もう病院戻してもいい?」と聞いてしまいました

今までもっと大変な事も経験してきたんだけれど

今回はじいちゃんの側にいるのも怖くて

土日でダンナ休みだったから全部お任せして寝てました

そんなあたしを心配してケアマネさんが急きょ病院に連絡してくれて月曜日の朝イチで病院に戻してもらいました

こんな弱い自分が情けなくて悔しくて

泣いてばかりいたら家族に呆れられて

ケアマネさん、訪看さん、病院スタッフさんは

「よく頑張ってますよ。普通家では看られませんもん。凄いですよ」て言ってくれるんですが

身内は厳しいねー


で、当のじいちゃんは肺炎でした。

さすがに肺炎は在宅では無理だわ。

もしかしたら何か第六感的なものがはたらいたのかな
だからあの恐怖感があったのかも

あのまま家で看ていたら悪化していたかも

すべては良い方に進んでいるんだと思う事にします


在宅看護の限界かと思ったけれど

まだまだ大丈夫だわ

うん。あたしも強くなって頑張るわ


長い一人言にお付き合いありがとうございます


1つ。

心置きなくライヴに行けるけれど…頑張れなかったから亮席は来ないや

ヲタもだちさん、すんません
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する


フォレロス… ≪         HOME         ≫ ともだちぶぅ~(≧▽≦)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。